(続)春爛漫の植物園散策

ボブデュラン

1週間ぶりに植物園に行きました。今は、めまぐるしく花や葉が出てきます桜も八重に変わります、小道にはケマンソウ(タイツリソウ)がありました、大きさは小さいのに大漁ですね。マメナシが子桜のように咲いています、1万年前の氷河期の生き残りで、小幡緑地や東海地方限定。
ピークは終わったが、桜の丘にはまだまだ人々が携帯やカメラを持つていました、いろいろな品種や産地があります。丘を下りれば中国産植物園には、ムーシューチュウのドッチボール大の白い花がぶら下がっています。日本のガマスミの拡大版です、来月はハンカチノキが楽しみだ!
重要文化財の温室まわりは4月23日オープンに向けて、工事中ですが、コロナ4波がささやかれているので、私達は予防をさらにするしかありません。最後に我が家の隣にライラック(リラ)の花が咲いていました。

(続)春爛漫の植物園散策.pdf

コメントを残す

  1. 27期 H生 より:

     植物園の観察と観賞いつも楽しみに拝観しています。今後も楽しい記事と写真を期待しています。