地獄の釜の蓋を初めて見る

ボブデュラン

森林公園へ南門から入ります、雨後の快晴で新緑が生き返ります、まだハルリンドウが湿地に咲いていました。ミヤマガマズミの清楚な白い花が咲いています。道端に名札にシソ科キランソウという、変わった草花がありました。後で調べると、べったりと地を覆う根生葉から、ジゴクノカマノフタと言われる。
展示館に着いて、トイレと水分補給して、館内の展示物を見て、そこにいた人
とお互いに、植物談議しました。山野草園ではタチツボスミレ、ムラサキケマン、シロボウエンゴサク、フタバアオイ、シロバナイカリソウ、サクラソウ、ウラシマソウ、ムサシアブミ、ウマノアシガタ、アマドコロ、ホウチャクソウ、セイヨウジュウニヒトエとゆっくりと確認できました。シニア仲間と写真を撮ったりして、楽しみましたが・・・
カミさんから美容室が終わったと、電話があつたので、急いで帰りました。

地獄の釜の蓋を初めて見るpdf

コメントを残す