若水地域会ランチ会

若水地域会幹事

 朝夕と日中の温度差を感じる霜月のはじめ 栄錦のど真ん中の木曽路で、新型コロナウィルス感染が激減した情勢の中で今年度3回目のランチ会を行いました。
 出席者は23名(男13,女10)、出席率約55%で久々の半数超えの盛況でした。
定刻11:30に開始し、年末にかけて16区フェスティバルなど花水木鯱城会の行事・イベントが軒並み中止となる中、N花水木鯱城会副会長から令和4年1月7日(金)の新年懇親会開催について、特に趣向を凝らしたイベントなどの説明があり参加の要請がありました。
 また、秋の行楽行事(社会見学)として若水地域会と振甫地域会との共同企画行事について、G幹事から11月17日(水)に実施する「笠寺観音・見晴台遺跡・考古資料館を訪ねて」の説明があり、久し振りの秋の一日を満喫して下さいとの案内がありました。
最後に参加者全員の集合写真を撮って、次回再会を期しながら散会いたしました。

若水地域会ランチ会

コメントを残す