初冬の森林公園の散策

ボブ デュラン

 2時間位の時間があるので、森林公園の植物園に北口から入りました。いま見られる花は時期的に1番少ないが、展示館に写真付で掲示してあります。右側にカンツバキ、フユノハナワラビ、ヤツデ、左側にサザンカ、シキザクラ、シロダモ、ヒイラギモクセイ。
でも今は紅葉と黄葉、イロハカエデ、ハナノキ、モミジバフウ、ドウダンツツジ、ナンキンハゼ、ハゼノキ・・・ それと樹の実、クロガネモチ、センリョウ、ソヨゴ、ナンテン、タチバナモドキ、ムラサキシキブ・・・

 2枚目はシキザクラです、広芝生では紙飛行機を飛ばすグループがいました、胴体は木で強力なゴムで高く遠く円周を描いて飛んで行きます。
展示館内では森林公園の歴史のえがかれていた、昔はハゲ山が多かった、住民が薪として乱獲していたが、戦後は森の保全に努めて現在に至っていると。

そこで森林公園の俯瞰図を見ると、北の半分位の面積がゴルフ場で占めていました、私も50代は良く行きましたが・・・これが現実ですね・・・
携帯がなった、カミさんの尾張旭の美容室が終わった、さあ帰らなくちゃ!

コメントを残す